架空と現実

先日書いたVRアプリ制作会社の社長の
人間の認知能力はいい加減なもの、よくできた嘘は信じたほうがいい このへん
例えばまあテレビもこれは電子の点の集まりを
見ている側がエグザイルだとかワールドカップだとか錯覚することにより
成り立つ関係だといえるのかもしれないよねえ

無善寺のマスターが量子物理だ仏教だとここのところ
この世の実体のなさを語っていて
これはVRバーチャル、架空のものを現実だと信じることによって成り立つ関係と
似ているなあと

しかし、一切が空であっても無であっても
おなかが減ったりスマホ代が必要であったりするというところが現実だが
そこからもう一歩、いっけん確固たる動かし様の無いこの「現実」とうものと
だけれど何がその現実を作り出しているのか ということには常にちょっかいをかけておきたい

一ついえるのはどの時代にも共通する点として「現実」というものは、
動かしがたいものだ 受容せねばならないものだ と
その時代に生きる人々が基本的にはほ信じていることだ。





コメント

人気の投稿