タイムトラベルには切符がない

このところ息子との距離が少し縮まった
息子が興味を持っているゲームを俺もplayしてみる ただそれだけのことだった
一年半ぶり以上に2人で近所の温水プールへ
クロールを教えながら、俺も学ぶ
水泳はもともと俺も苦手
ここに越してきて2人でプールに通い、人生で初めて俺は25mを泳ぎきった

ここのところ、夜、布団に入って スマホを見てそのまま起きてしまう
しばらく前に神社の階段でスマホを落として画面が割れたので
エロい動画の女の顔や体がすべてひび割れている
SNS、2ちゃんのまとめサイト、YOUTUBE、やってるゲームのブログ、GooglePlay
インターネットに繋いで見るものが決まりきってしまったな
パソコンは買ったWindows98の頃インターネットは、もっと混沌としていて自由だった
お金儲けや人間関係の保安ではなく、ただ自分の好きなおもしいろことをしている人たちがたくさんいた
鉄コン筋クリートの滅びゆく宝町を見ているような気分になる
エンデのモモでもカフカの城でもよいが
センチメンタル過ぎるだろうか

45歳、迷いの中にいる
そして迷いの中にいていいと思っている
決断せず答えを出さず、ただ迷いのなかにいる
迷いがあったって死ぬわけじゃない

とりあえずは自主企画、銀河鉄道の昼がある
事情があり今年一杯で終えることになる
これからもっと新たな事情が沸けばもっと早く終わるかもしれないが
今月と来月は決まっている
今月、次の日曜は高田君とツーマン
彼はもう20年以上前に自分が新宿のガード下で歌っていた頃の連れの紹介である
来月は京都からコテラさんがきて「たある」を2人で歌ったものを録音するつもりだ
歌詞を更にもう一つレベルの高いところで仕上げるつもりだ
いまはこの予定をこなすことと、家族についてだけ考えて生きている
あとは適当でいいと思っている
というか余裕がないだけだが


銀河鉄道の昼 http://blog.livedoor.jp/poetryplanet-ginga/

















コメント

人気の投稿