フランス4-3アルゼンチン

怒り続けることも出来る
実を言えば簡単に許せる
相手の中に入ってその視野になってしまえば
そりゃあ合点はいく それが人それぞれというものであろうが
人それぞれ、価値観色々 リスペクト万歳では 鞘に納められぬ問題もある

自分が映画ゴッドファーザーに出ていたら雑魚役であると思う
他人を利用したり、駆け引きが苦手だからだ
ただ、駆け引きよりも大切な事を追いたいという事はずっとある
駆け引きや心理戦が巧みな人からみれば自分は一見無能だから
同じテーブルにつくことを拒否して怒ったりする
同じ地球にいるのに


詩の世界に関わってきていまは ほぼ空しく悲しい
少し時間をかけて次の詩集のことも考えてはいるがいわゆる界隈とは関わりあいたくない

あいだみつをとかさ いいじゃん そういう意味では
界隈と関わらず一つのスタイルを世に提示した
例えば現代詩手帳とかっとてあいだみつをどう評価してるのかねえ
あいだみつを も現代詩だろうか

自分の、ちやほやされたい 認めてほしい というような気持ちもあったから
少しいついてしまったが
沈黙の中で 人が 一人ぼっちになり 

対峙する 

そこが自分の詩の好きなところだ
けどいまは 俺の住むとこじゃないと思う
きらいだな
いまは家族とそのためのお金作りに集中したい
免許とったりさ したい ブブーンと車を




コメント

人気の投稿