社会と和解する

空想としては
沖縄で農業をするのもいいなあ
沖縄は日本の中で少し特殊に思う
ライブハウスにいなくても三味線でみんなで歌うのもいいな
アーティストとかいうと一見印税でがっぽり儲けたりかっこよさうなのであるが
最終的には芸術を生活に還元し
みなの暮らしがより豊かになるという事が目的であると思うから
本来、アーティストを目指すという事は
アートを壊す そういう名前と概念さえ新しいものにつくりかえよう という試みであるのだから
じぶんで自分の地位を築きながらそれをも壊そうというのだからすごく矛盾しているんだよね
鶴太郎が作務衣きて習字なんかしてるが
こっけいにみえるのはそのためであり
様々な分野でおこるイノベーションとは破壊というものが前提にあって
破壊というと怖そうなんだけど
これって迷信(それぞれの脳が自己の保身のために勝手に作り上げている現実)
を信じるのをやめてよくよく事実をみてみれば
もっとみんな全体の利益をおえるんじゃねえの?という提示
それが破壊と創造、と一般的によばれているものだ

とにかく木造の家に住みたいというつよい欲求がある
人口密度的には地球はほぼ空き地だ
マンションの下の階の方から苦情が来て
息子に「静かにしよう」というのだが 
ちと、これは注意する俺もつらい





コメント

人気の投稿