こころ

4月30日、俊読
の主催者タッキー(桑原滝弥さん)から電話

当日の会場での煙草が吸えるところまで気にかけてもらえている
多分自分だけでなしに、全出演者とこうして連絡を取り合っているのではないか
イベントや、あるいは組織や動くお金の規模が大きくなるにつれ
個々がないがしろにされていくところは感じる

有名なもの
大きなもの
強いもの 
に憧れながら
皆、疲労してはいないだろか

なぜ、有名なものや
大きなものや
強いものは
いいのだろう

俺がどこで煙草を吸うのかまで想像してくれてとても嬉しく思う
そうなるとこちらも自然に より、こもった演目を力まずに出しやすくなる
タッキーの胸には「こころ」という入れ墨が入っているはずである









こころとは何か








俺は知らない
ただそれを無しに人間の生活は、何の意味も持たないはずだ












コメント

人気の投稿