ゼルダの思想

家族が眠った後、夜中にこたつでゼルダをしていた
ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド
まともにゼルダをプレイすのは今作が初めてだが国産RPGのライバル、ドラクエ、FFを今作のゼルダは過去のもの追いやったと思う
国際的にも2017年No.1のゲームだと評価されている
息子がクリアするのを見て一時期プレイを止めていたがまたやりだした
おもしろい
任天堂、すごい
誰々というゲームデザイナーがすごいというのではなく、任天堂すごいというところが任天堂のすごさだと思う
組織でそう動ける仕組みがあるということは素晴らしいことだ
世界観に没入する
馬で草原を駆け
アッブデートで増えたラムダの秘宝を探す




大晦日だ
そういう雰囲気は好きだ
特に変わりない
鼻唄でスマホの二次小説を読む息子と同じカードゲームを繰り返す嫁さんと適当なテレビ


知人から新年の「詩と思想」でヤリタミサコさんが自分について言及している場面があると連絡があり、嬉しい
ヤリタさんには自分が詩の朗読に関わりだしてから要所要所でお世話になりっぱなしである
2017年のシーンの回顧と展望というものでスポークンワードという言葉がタイトルにみえる






ウエノポエトリカンジャム3を自分がやらせてもらった時、谷川俊太郎さんにこういうイベントを詩の雑誌はフォローしていくべきだ
というようなことを言われ嬉しかったのをおぼえてる
詩学の寺西さんは積極的に取り上げていただいたが、反発はあった
例えば朗読のオープンマイクの現場と、現代詩の詩誌というものは同じ様な世界にありながら分裂している、ようにも見える
現代詩の世界の人と朗読の世界の人は別である
日常生活の中に詩を意識しない普通の一般的な人から、傍からみれば両方小さな村か部族であろう
そういう意味でヤリタさんにこういうふうに取り上げてもらえることはありがたい
そして自分はどこにもつかず離れずで あらゆる名前とカテゴリの間をふらふらとしていたい




母が絵を書いた白バラ牛乳のパッケージがマスキングテープになり
干し柿やよもぎ餅と共に送られてきました。


詩と思想 http://userweb.vc-net.ne.jp/doyobi/index.html

コメント