統合失調症患者が統合した夜

ネタ作りから逃げコンピューターゲームに講じていたが
R1の予選は今日からはじまっておることに気づき枕元で向き合ってみると5分でネタが完成した
色々と小細工を考えてはみたが、いきついたのは朗読スタイルであった
お笑いの中に、詩を持ち込んでもよい
自分は独白するより他はない

千鳥のyoutubeをつけながら眠る
ノブも大吾も好きだ かわいらしい
ノブくらい引き受けてくれる人がおるなら
俺もめいいっぱいぼけれるのになあと思う いや無理か
ボケとツッコミはセットであり
つっこみがいなければボケは狂人になりうる
つっこみの合図で客席が湧く
つっこみとは「みなさんいまここで笑っていいですよー」という合図である
では合図がなければ思い切り笑うことも出来ない私達とはどういうところに所在しているのだろうか
というのが哲学だ
別にデカルトやカントを学ぶ必要はない
哲学とは
きみの利益に沿って、君がたった一人で考えることだ
きみの利益に沿う故に、一番に真剣になるのは君でなければならない

「やりたいことがないんだよねー」と卑下する若者がおる
いいと思う別にそれは
満腹のライオンは眠っているのだから
無理やり夢や希望を持つよりは自然であると思う
土に夢はないが土はとてもよいものだ

概ねあっしは自分語りである
自分語りはネット世論的に寒いものであるが
他人について語るよりましだと考えている

駅前で呑む
身内の空気を読む奴等が
全体の空気を読まないので非常にうるさい
日本人の所作とはこういうレベルであると思う

コミニュティーや所属するグループの空気を読み
全体をないがしろにしていることは
あらゆるジャンルに共通している
そうして全体的に皆が息苦しくなる世界を皆の無意識で構築してくように見ゆ

今日も誰かがどっかしらの線路や山小屋で自殺しておるが
私たちはおいそうなデイナーをインスタグラムにあげる
わたしはこの世の殺人に関与してないクールな人物です というアリバイ作りのように思えるから
それを笑いにしようか




























コメント