YOUTUBE

YOUTUBEで恐ろしい動画を見てしまい
それが怖くて意識から離れないようで
小学四年の息子が目になみだをためている
このところ反抗的で父親を馬鹿にしがちであったのだが
率直に俺を頼っている

息子を抱きしめ、現実と幻想の違いを説明する

なるべく短かな行数で
呪文のように唱えられ
心にせまる言葉を息子に教える
それが瞬時にわかるのでその才能があるのかもしれない

いろいろと大人びた現代っ子のようでもあるが
まだこんなに幼い

それはどこかのゲームを作ったおっさんが
プレイヤーを怖がらせようとして作った この世に存在しないものなんだよ
それは いまここに 目の前にいないよ
君を殴ったり殺すことも出来ない
君からなにかを盗むことも叩くこともできない
それは君の脳みその中にだけ 住んでいる
だけれどそれはとても怖かったんだ
お父さんだって怖いと思う
だけれど、それは現実には存在しない
お父さんの髪の毛を一本抜くことも出来ない
お父さんの財布から一円とることもできない

息子の友達が遊びに来る
家にあがんなよ というと
親から、人の家にあがってはいけないという達しが出ているようである
内緒にしてあげるからといってうちにあげた

四時半が、現在の小学生の門限であるらしい
放送がなり、良い子は家に帰りましょうとアナウンスされるわけだ
もうすぐ五時になる
息子は友達とスマブラをしている
本当に良い子になるためには、それと比例する分だけの 悪を知ろう








コメント