木村沙織

doomにこもる
ある過疎のオンラインゲームのダンジョンであり
周回することによりレアアイテイム獲得のチャンスがある

昼に起きて噂の東京マガジンを観る
出演陣をおっさんたちが連ねているのであるところうわついてない
夕刻、息子とマンションの空地にキャッチボールへ
隣接するセブンイレブンの駐車場でバイクの修理をする人の輪
旅人だろうか

グラチャンバレーをみている
バレーボールはいつも日本開催なのだな
サッカーでいうところの常にHOMEだ
スポンサー関係なのだろうか
バレーボールをする女子たちは美しい
みな背中のラインがきれいだ
姿勢のきれいな女性には魅力がある
短パンとサポーターの間に見える太ももが黄金のようでまぶしい
すまんな、エロ目線でみてしまい
敵のアタックを受けるその姿は
DV夫に対する受け流しの技術のようにもみえる
いかに返すか
うまく返すとみんなでコートをまわってキャピキャピとハイタッチをする
かわいい
小鳥のようだ
コートに木村沙織さんの姿がないのはさみしいね
彼女の笑顔は美しかった









コメント

人気の投稿